• ホーム
  • オーリスタットと肌荒れ問題

オーリスタットと肌荒れ問題

お腹が大きい男性

ダイエットといえば食事制限や運動を行う方法が一般的です。
これらのダイエットも体重や体脂肪を落とす事は出来ますが、食べたい物を食べられないストレス、きつい運動を続けなければいけないストレスと、大きなストレスがかかってしまいます。
辛いダイエットは長続きしませんし、何よりストレスから暴飲暴食してしまいリバウンドしてしまいがちです。
実はより手軽に、しかもダイエットの辛さが少ない方法で、痩せる事が出来ます。

オーリスタット配合薬を活用したダイエット法です。
オーリスタット配合薬は、海外では肥満治療として実際に、クリニックで処方されている内服薬です。
錠剤となっており、食事の前か食後1時間以内に服用します。

オーリスタット配合薬は、食事で摂った脂質の吸収を約30%分カットする点が特徴です。
食事で摂った脂質は、そのままだと分子が大きいので腸内で吸収できません。
リパーゼという酵素が細かく分解する事で、吸収されるようになるのです。
オーリスタット配合薬はリパーゼの働きを抑え、脂質の分子を大きいままにします。

分子が大きい脂質は腸で吸収されず、そのまま排泄される仕組みです。
30%というかなりの量の脂質が、吸収されず排泄されるので揚げ物など脂っこい食事をしても、太り難くなる効果を得られます。
食事制限や運動を行わず、痩せやすくなるという事もあり、オーリスタット配合薬は人気です。
ただ、栄養素の中には脂質と同時に摂る事で、吸収率がアップするものもあります。
ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンといって、脂質に溶けるビタミン類です。

オーリスタット配合薬を服用中、これらのビタミンは吸収されなかった脂質と一緒に排泄されます。
すると、肌がカサカサになるなどの肌荒れを起こしやすくなるのです。
ですので、普段よりもビタミン類の多い野菜や果物を多く摂ったり、ビタミン剤で脂溶性ビタミンを補うといったケアを行いましょう。

関連記事
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ